インフォメーション

インクルファンド助成

インクルファンド助成 応募団体募集中!

都内で地域を基盤に地域福祉の事業・活動を推進する団体を対象に、
2021年4月以降に開始する事業や活動に関わる費用を助成します。

応募締切:2020年12月25日(金)
公開プレゼンテーション・選考委員会:2021年3月12日(金)

募集要項

農福連携フォーラム

地域でつながる…農福連携

ZOOMオンライン開催

■日時:11月15日(日)14:00~16:00
◎講演「農福連携について」

■講師:濱田健司さん((一社)JA共済総合研究所主任研究員、(一社)日本農福連携協会顧問)

◎パネルディスカッション「実践報告と今後の連携について」
■パネラー:
あきる野市障がい者就労・生活支援センターあすく センター長 原智彦さん、
東京都立あきる野学園(特別支援学校) 進路指導主任 山崎達彦さん、
特定非営利活動法人秋川流域生活支援ネットワークやまぐちや 生活介護・就労継続支援B型事業所 管理者 新島智基さん、
一般社団法人こーゆうネットワーク 就労継続支援B型事業所 福祉レストランこーゆうハウス 管理者 藤原みどりさん、
生活クラブ農園・あきる野(認定農業者) 責任者 冨澤廉さん

■参加費:無料

申込〆切:10/30(金) 申込フォーム

問合わせ:生活クラブ東京・政策推進課 TEL 03-5426-5204

出前講座

市民版地域福祉計画の策定と実現に向けて

インクルーシブ事業連合では昨年度に引き続き、2020年度も生活クラブ・生活クラブ運動グループ・地域協議会を対象とした出前講座を地域の要請に応じて開催することとしました。

講座内容は以下の5テーマです。

①市民版地域福祉計画をつくろう②社会を豊かにするお金の循環をつくろう
(ファンド説明会)③あなたのまちに「まちのほっとスペース」をつくろう!④運動グループによる福祉事業の実践(見学または講座)⑤働きづらさを抱えている人も「共に働く」場を増やそう

詳細については募集要項をご覧ください。

活動トピック

共に働く事業所指定寄付 

働きづらさを抱える人と共に働く事業所を応援!

  • 生活クラブ運動グループには、一般就労が難しい人と「共に働く」非営利の事業所があります。しかし、伴走者の手当がつけられない、設備の改修ができないなど事業の継続には困難も生じています。
  • そこで、インクルーシブ事業連合では1口500円のスポット寄付を広く募集し、「共に働く」事業所を支援します。
  • 寄付募集期間 2020年10月19日(月)~2021年1月15日(金)
  • 今回の寄付を募集するのはNPO法人エコメッセ、共に働くワーカーズえんこらしょ、NPO法人こすもすの3団体です。
    ★寄付についての詳細はこちら