活動成果1

1運動グループの活動共有とビジョンの策定

2005年、独自の事業方針を持つ福祉協議会から東京運営委員会の福祉部門の協議会に組織を変更したことを機に、運動グループが共通に目指す地域福祉の課題、地域に生み出したい機能を「ビジョン」に描きました。これによって、各構成団体の活動・事業と福祉協議会の活動方針の関係を改めて整理、団体が、各々の活動・事業を具体化する中で、福祉協議会を通してビジョンに照らした「協働」をすすめていくことを確認しました。