インフォメーション

人と人、地域をつなぐ活動のための基礎講座

まちの相談パートナー養成講座

主催:NPO法人アビリティクラブたすけあい(ACT)

基礎講座: コミュニティとは何か、地域を育てるとは何か、言葉にされていない身近なニーズを どのように キャッチするか考えます 。
専門講座 :まちの縁がわの担い手として 、 知っておきたい 現状や 知識を学びます 。

オンライン・ZOOM開催!オンラインのみでご参加いただけます。
「まちのほっとスペース」をこれから作りたい、拡げたい方、コミュニケーション力を磨きたい方、ぜひ受講ください。

チラシはこちら

市民版地域福祉計画の策定と実現に向けて

出前講座を実施中

インクルーシブ事業連合では昨年度に引き続き、2020年度も生活クラブ・生活クラブ運動グループ・地域協議会を対象とした出前講座を地域の要請に応じて開催することとしました。

講座内容は以下の5テーマです。

①市民版地域福祉計画をつくろう②社会を豊かにするお金の循環をつくろう
(ファンド説明会)③あなたのまちに「まちのほっとスペース」をつくろう!④運動グループによる福祉事業の実践(見学または講座)⑤働きづらさを抱えている人も「共に働く」場を増やそう

詳細については募集要項をご覧ください。

あなたの1日10円で、地域に必要な福祉のしくみづくりを!

インクルファンドを寄付で支えるサポーター募集!

 

つながり・支えあう豊かな地域社会を一緒につくりましょう!
詳細はこちらから

活動トピック

2020年度安心ネットワーク構想連絡会

インクルーシブ事業連合では、市民版地域福祉計画に関する先行事例の共有や情報交換の場として年1回安心ネットワーク構想連絡会を実施しています。今年度は2月9日にオンライン併用で行い、町田・豊島・日野の事例を共有しました。

★町田地域協議会:「多世代が混じって暮らす、協力し合う、たすけあう、安心の場をつくる」方針を持ち、居場所(まちのほっとスペース)を広げることを実行計画に盛り込みました。そして昨年、UR団地の空き店舗で「ほっとスペースさくらさくら」がオープンし、地域の居場所となっています。

★豊島地域協議会:豊島WAKUWAKUネットワークなど地域にある様々な分野の市民活動団体と連携し、協力しながら目指すまちづくりをすすめていくイメージを描いています。生活者ネットワークの新事務所を「スペース20」とし、交流の拠点としています。

★日野地域協議会:たすけ合えるまちをつくる方針から、共に働く事業所えんこらしょを立ち上げました。高齢者、障がい者、子育て中の方など働きにくさを抱える人と共に働く場づくりをすすめています。