インフォメーション

あなたは介護保険を知っていますか?

介護保険制度20年のこれまでとこれから

年々使いにくくなる介護保険。当初目指していた介護の社会化は進んだのか検証し、今後の展望を描きます。

日程:7/16(土)14:00~16:00
会場:生活クラブ館スペース1・2オンライン(ZOOM)併用

第1部 講演
講師:鏡 諭さん(法政大学大学院公共政策研究科兼任講師)

第2部 介護保険20年の検証 運動グループ団体からの報告
① ACTたすけあいワーカーズ連合
② 社会福祉法人 悠遊
③ NPO法人ACT人とまちづくり

参加費:無料
申込締切:7/11(月)

<主催>生活クラブ運動グループ・インクルーシブ事業連合
<共済>生活クラブ東京 地域福祉政策委員会

2022年度第1回インクルファンド助成

2022年度第1回インクルファンド助成

応募団体募集!

都内で地域を基盤に地域福祉を推進する事業・活動で、

2022年10月1日~2023年3月31日までに開始するものを対象とします。

詳しくは募集要項をご覧ください。

市民版地域福祉計画の策定と実現に向けて

出前講座を実施中

インクルーシブ事業連合では昨年度に引き続き、2020年度も生活クラブ・生活クラブ運動グループ・地域協議会を対象とした出前講座を地域の要請に応じて開催することとしました。

講座内容は以下の5テーマです。

①市民版地域福祉計画をつくろう②社会を豊かにするお金の循環をつくろう
(ファンド説明会)③あなたのまちに「まちのほっとスペース」をつくろう!④運動グループによる福祉事業の実践(見学または講座)⑤働きづらさを抱えている人も「共に働く」場を増やそう

詳細については開催要項をご覧ください。

活動トピック

2022年1月 福祉事業フォーラム

楽しい、カッコいい、自分たちが行きたい場をつくる

講師:NPO法人シニアライフセラピー研究所代表 鈴木しげさん

NPO法人シニアライフセラピー研究所は藤沢市鵠沼海岸で高齢者福祉をはじめ、障害福祉、傾聴ボランティア育成など、現在ボランタリー事業25・収益事業18計43事業を展開しています。

代表の鈴木しげさんはケアマネージャーをしつつ、2006年に実家を開放し「憩いのサロン亀吉」を開始し、活動が始まりました。

2007年にはデイサービスに絶対行かないと言っている人がいて困っているという地域包括支援センターからの相談をきっかけに要支援者向けカルチャーデイサービス「カルチャースクール亀吉」が誕生。それからどんなデイなら行きたいかをみんなで話し合い、自分たちの望むデイを自分たちでつくっていきます。

2018年にオープンした、カフェ&ランチ・レストラン「かめキッチン」のランチメニューは、デイサービス「カルチャースクール亀吉」の利用者さんたちが厨房で作り提供しています。労働の対価として「かめキッチン」の売上から謝金を受け取ることで、機能回復だけでなく、社会との接点、生きがいにも繋がっています。

頑張らずに回るしくみが大事で、みんなが楽して成り立つのがいちばん。などなど、講演の中では目からウロコのお話が盛りだくさんでした。来年度はぜひ現地の見学ツアーを企画したいと考えています。

生活クラブケアセンター世田谷の情報はこちら