インフォメーション

ともに働く場を増やそう

インクルーシブ事業連合では、誰もが排除されず、共同体の一員として存在と尊厳を認め合いながら「あたりまえ」にはたらき、生活をつくることができる豊かな地域社会をつくるため、「共にはたらく」場を地域に増やし、活動を支援していくことを目的として、今年度は2つの活動に取り組みます。

1、仕事の切り出し調査

仕事の切り出しとは、日常業務を細分化して、就労に困難を抱える人が従事可能な「仕事」を明確にすることを指します。切り出しの判断基準としては、「必ずしも特定の人が従事することを要しない、属人性の低い業務」「日常的・定期的に発生する業務」「納期が切迫していない、または高い緊急性を要しない業務」などが挙げられます。

今回、まずは運動グループの中でそれぞれが仕事の切り出しを行い、集約した情報を運動グループ内で共有し、必要に応じてインクル事務局が働きたい人と事業者の間で情報のマッチングを行うことなどを検討していきます。

2、事業所指定寄付

「ともに働く」事業所指定寄付(愛称:ともに働く応援団)の募集スタート

生活クラブ運動グループには、働くことに困難を抱えているひとと「ともに働く」ことを実践している事業所があります。しかし、公的補助が得られないなど、事業の継続や立ち上げには困難も生じています。そこで、インクルーシブ事業連合では、寄付を受けたい事業所を募集し、これまで行っている「スポット寄付」のひとつとして、その事業所への寄付を広く募集し、「ともに働く」事業所を支援します。また、寄付を集める活動は事業所とインクルが協力しあい、おおぜいの市民に活動を知らせながらすすめます。

事業所募集チラシ

西東京認知症SOSネットワーク模擬訓練2016

日時:2016年9月25日(日)10:00~12:30
(受付開始9:30 雨天決行)

会場:住吉小学校体育館(西東京市住吉町5-2-1)

○西東京「安全・安心いーなメール」を知ろう!

○認知症講座「認知症とは?」

○SOSネットワーク訓練(グループに分かれて行方不明者を捜索します)

共催:泉町地域包括支援センター、田無地域包括支援センター
グループホームいずみ、グループホーム育、ねんりんはうす

お問い合わせ先:泉町地域包括支援センター ℡042-424-1200

チラシはこちら

サポーター募集中!

つながり・支えあう豊かな地域社会をつくりましょう!
サポーターとは『地域ごとに必要な機能をつくり、市民が参加し利用するまちづくり型福祉』を推進し、豊かな地域社会づくりにつなげるために、インクルーシブ事業連合の運営および助成の財源を寄付で支える個人または団体のことです。
詳細はこちらから

活動トピック

居場所づくりフォーラム開催を応援!

インクルーシブ事業連合では、ほっとスペース、子ども食堂、学習支援、多世代交流、ケアラーズカフェなど、様々な地域の居場所づくりをすすめるために、生活クラブ運動グループ・地域協議会が開催するフォーラム開催を応援します。

①フォーラムの組み立ての相談に乗ります!

②1ヶ所あたり3万円を上限に費用を助成します!

【対象となるフォーラム実施期間】 2017年2月末まで
【申請期間】 2016年8月~2017年1月13日(金)
【対象団体】 地域協議会
【助成項目】 会場費 講師料(交通費含む)広報費
【申請方法】
①地域協議会からインクル事務局に申請用紙を請求、記入して提出
②インクル運営委員会にて助成承認
③終了後1ヶ月を目安に報告書提出、助成金振込

CIMG0021

 

まちのほっとスペース楽多舎(練馬区)

生活クラブケアセンター世田谷の情報はこちら