予算提案活動

東京都の2019年度予算に向けた提案活動

インクルーシブ事業連合では、子どもも高齢者も、障がいのある人もない人も、外国人も、病気療養中の人も・・・どんな状況にあっても社会から排除されることのないインクルーシブな地域社会づくりを市民が主体となってすすめることを目指しています。生活クラブ運動グループとして連携して活動や事業を展開している分野は多種多様に広がっており、インクルーシブ事業連合では地域福祉分野を担うワーカーズ・コレクティブやNPO、協同組合、社会福祉法人がそれぞれのもつ専門性を発揮し、地域に必要なしくみづくりの推進と政策提言を行なっています。

本日は東京都の来年度予算に向けて就労支援や介護保険、地域の居場所づくりなど、10項目の地域福祉に関わる提案を、福祉保健局総務部の課長さんに思いを伝えながら提出しました。