今までの活動

団地の一室を拠点にたすけあいのまちづくり

福祉ツアー2017 小規模多機能ホーム『ぐるんとびー駒寄』(藤沢市)

【日時】11月9日(木)13:30~15:30*現地解散 

集合時間】12:40 小田急線湘南台駅 

【参加費】2,000円(当日集金)

毎年恒例、評判の居場所訪問です。インクルーシブ事業連合が視察料(4000円)の半額を補助します。
どうぞご参加ください!

【お問い合わせ・申込み】生活クラブ運動グループ・インクルーシブ事業連合  事務局/平岡・稲宮

TEL:03-5426-5207 FAX:03-5426-5203 

チラシはこちら

 

 

寄付を受けたい事業所を募集!

ともに働く事業所指定寄付 

応募団体募集中!→今年度の募集は終了しました

【募集対象】
 都内でともに働くことをすすめる団体で、次の①~③を満たす団体
 ①地域協議会に参加している団体またはインクルーシブ事業連合に参加している団体
メンバーにインクルーシブ事業連合のサポーターがいる
寄付目標額及び寄付により達成できることを明記できる

【応募期間】2017年7月3日(月)~9月8日(金)

【対象団体承認】9月28日インクルーシブ事業連合運営委員会にて

【寄付の募集期間】10月16日(月)~18年1月31日(水)

10月発行のインクルファンド募集ニュース・ホームページ・インクル構成団体や
寄付対象団体を通じ、広く寄付を募ります。

事業所募集チラシ2017

2017年度総会が終了しました

6月17日(土)、生活クラブ館にて行われた2017年度総会には67名が参加し、2017年度活動方針および予算案が賛成多数により可決されました。

今年度も、「市民版地域福祉計画」に基づく事業の立ち上げに対する上限300万円のインクルファンド助成枠を引き続き設け、地域に必要なしくみを市民自身が生み出していくことを後押しします。

また、昨年度から始めた居場所づくりフォーラム開催のための費用助成(上限3万円)も継続し、地域の活動を支援します。

誰もがともに働きともに生きるインクルーシブな地域社会づくりをめざし、ともに働く場づくりをすすめ、今年度も事業所指定寄付を実施します。

 

そして、2017年度は第2次中期計画の最終年度にあたります。2012年の設立以来5年が経過し、その総括を踏まえてより有意義な活動をすすめていくために、2018年度から2020年度までの第3次中期計画策定に取り組みます。

安心ネットワーク構想連絡会

「地域包括ケアシステム」を高齢者福祉中心に描く行政に対し、私たちが大事にするのはソーシャルインクル―ジョンの視点。誰もが自分らしく安心して暮らし続けられるよう、当事者のニーズを受け止め、双方向の関係性を大切にしたコミュニティケアシステムの構築を目指してきました。地域の課題を洗い出し、あるべき未来を描き、地域に必要なしくみ(事業)がないならば、市民自らがそれを生み出す―。そして中長期計画のもと、市民版地域福祉計画をつくり福祉のまちづくりを着実に進めていく―。

こうした取り組みを行う地域の報告を共有し、さらなる実践につなげようと、インクルーシブ事業連合では昨年度に引き続き、2月8日、「安心ネットワーク構想連絡会」を開きました。文京、江戸川、武蔵野、八王子、稲城の運動グループ地域協議会メンバー、生活クラブ生協の各ブロックの地域福祉担当理事、インクル運営委員など計24名が参加。

すでに市民版地域福祉計画を持ち、重症心身障がい児の育ちや生活を支援する事業を立ち上げた昭島、中長期計画の福祉分野の取り組みとして、多様な居場所づくりとそれらをつなぐしくみづくりをめざす世田谷、地域の社会資源をネットワークする拠点づくりを視野に入れながら、市民版地域福祉計画策定に取り組む府中。参加者からは「生活クラブのコミュニティリーダーとして、災害備蓄品の配達やイベントを通し、地域の組合員と知り合える機会がとても貴重」。また、居場所づくりに関しては「社会福祉法人は地域貢献を求められている。施設必置の地域交流ルームの活用も考えられる」など、取り組みのヒントになる意見交換がなされました。

 

居場所づくりフォーラム開催を応援!

インクルーシブ事業連合では、ほっとスペース、子ども食堂、学習支援、多世代交流、ケアラーズカフェなど、様々な地域の居場所づくりをすすめるために、生活クラブ運動グループ・地域協議会が開催するフォーラム開催を応援します。

①フォーラムの組み立ての相談に乗ります!

②1ヶ所あたり3万円を上限に費用を助成します!

【対象となるフォーラム実施期間】 2017年2月末まで
【申請期間】 2016年8月~2017年1月13日(金)
【対象団体】 地域協議会
【助成項目】 会場費 講師料(交通費含む)広報費
【申請方法】 ①地域協議会からインクル事務局に申請用紙を請求、記入して提出
②インクル運営委員会にて助成承認
③終了後1ヶ月を目安に報告書提出、助成金振込CIMG0021

 

まちのほっとスペース楽多舎(練馬区)

 

 

 

 

お知らせ~縁がわフォーラム2016

あなたのまちに「ほっとスペースをつくろう」

居場所づくりのヒントがいっぱい!

講師/延藤安弘さん(NPO 法人まちの縁側育くみ隊代表理事)
10月29日(土)14:00~16:30

終了しました。